丁寧な洗顔で対策

ニキビを増やさないための洗顔方法

ニキビを減らす、または増やさないためには、まず洗顔方法から見直す必要があります。帰宅後、いきなり顔を洗いたくなりますが、まずは自分の手について汚れをきちんと落とすことが大事です。顔を洗う時にどうせ洗顔の泡を使うのだから、その時手の汚れも取れるのでは?と思いがちですが、それだと毛穴の汚れが取り切れない可能性があります。手を洗ったらその後、泡洗顔です。少ない泡で顔をこすると肌が傷つきます。十分な泡を作るためには泡立てネットを使うと上手に泡が作れます。泡は片手の手の平にこんもりと盛り上がる程度の量を作りましょう。泡が出来たら洗顔ですが、まずはTゾーンと呼ばれる場所から泡を乗せます。Tゾーンとは、おでこと鼻です。ここが一番汚れやすく脂が詰まりやすいため、最初に乗せて軽くクルクルと回転させます。その後頬や全体に泡を行き渡らせて、軽く回転させてください。洗顔時には力は絶対に入れないようにしてください。

洗顔後のすすぎとタオルでの拭き方も大事

洗顔をしたらすすぎをしますが、十分すすいだと思っていても意外と泡の成分は肌に残っています。そのため、少ししつこいかなと思うくらい何度もすすいでください。冷たい水よりはぬるま湯のほうが毛穴が開き、汚れが流れ出やすいですのでおすすめです。できれば30回ほどすすぐと泡は完全に落ちて毛穴の汚れもだいぶ取れています。すすぎ残しに気をつけたいのは、おでこの生え際とアゴです。すすぎにくいために、泡が残りやすく、残っているとそこからニキビが発生する可能性があります。
洗顔後にはタオルで拭きますが、必ず新しいタオルで拭いてください。手を拭いた後のタオルで顔を拭くと、せっかくとれた菌がまた顔に付着する可能性があります。そして水分を吸わせる要領で顔を拭きます。絶対にタオルでゴシゴシこすらないようにしてください。